FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

3322

 【24//2018】


お父さん

あなたが何も語らないので
わたしは

お母さんは自殺した

とかいう
近所のおばさんたちの噂を信じてしまうのです

そのことが魚の骨のように
わたしの喉に刺さったままなので
わたしは

お母さん

あなたがわたしに構わずに
逝ってしまったのでわたしは

わたしは

わたしはわたしのどんな気持ちにも
うまく名前をつけられないのだと思います

どうして男の子は
乱暴なのにときどきとても優しいのか

どうして女の子は
いっしょにトイレに行かなければいけないのか

どうしてメールが
14時間後にも返ってこないと怖くなるのか

どうして
わたしが仲良くなってみたい本好きのあの子は
わたしが話しかけてもあんまり答えてくれないのか

どうしてお弁当の前は
なんだか緊張するのか

どうして後ろ姿で
友達を見分けられるのか

どうしてわたしだけが
誰からも愛されないと思ってしまうのか

どうして誰といても
わたしだけとても寂しいのか

そんなことを他の子たちのように
うまく飲み込むことができないのです






 
スポンサーサイト

Category: 漫画

Theme: 今日の1冊

Genre: アニメ・コミック

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する